中止になったロシア旅行

JALの特典航空券を利用し、直行便が就航されたウラジオストクに行く予定だった6月。

もちろん中止。

とても楽しみにしていたのに、改めてはもう行かないかなと思う不思議。旅は計画から始まっており、特に海外は調べることが多く、気持ちが出発までにピークに達してしまうのかも。

せっかくなので、旅の青写真を残しておこうかな。

ウラジオストク空港着後、バスでウスリースクへ向かう予定でした。ロシアの観光ビザが制限付き(地域別)で簡略化され、極東ウラジオストクのビザで行ける郊外の都市へ。

ビザは、ロシア入りの20日前から5日前までに申請しなければならず、原則4日で発給されます。英語(ロシア語ももちろんある)ページで進めていかなくてはならず、地域を選ぶところからいきなりつまづいたけれど、ロシアの旅行会社の招へい(招待状のようなもの)を用意して、ロシア大使館に行くことを考えれば比較になりません。

一泊して、鉄道(普通列車)でウラジオストクへ。一駅だけ乗車してもつまらないので、今回はシベリア鉄道ではありません。

時刻表もバッチリ準備

食事は、人気の食堂(スタローバヤ)にいくつか行くつもりでした。スタローバヤはカフェテリア方式で、色々なロシア料理を少しずつ味わえます。ロシア語が読めなくても、指さしで大丈夫そう。特にスープ類は魅力でした。

ホテルはアパートメントタイプを予約していたので、洗濯機などの家電を使ってみたり、スーパーで買ってきて簡単調理をすることもできました。

キッチン付アパートメントホテル

後は、路面電車、ケーブルカーに乗ったり、様々な博物館へ行ったり。夜のバーでお酒をいただいてみたり。

一応ヨーロッパとはいえ、大国ロシアですから、国の違いを感じてみたかったです。

残念だったな。

俳句を始めてみようかな

家族に誘われて、申し込んだ俳句教室。

緊急事態宣言で、いきなり出端をくじかれる。

その間に、当の本人は川柳に行ってしまう。

【ハマトラこじまの鉄道川柳】

京急線稼ぎ頭はエアポート
京急線いつでもどこでも通過待ち
京成線空港柴又走りけり
横須賀線逗子から先はローカル線
東武線ラインカラーはなかりけり
京王線本線名前なかりけり

わかる人にはわかるらしい。

特に「鉄道なかりけりシリーズ」は、いくらでも作れるらしい。

俳句は季語が大切で、感動も必要なので、彼の個性は活かせないかも。

さて、私はどうしようかな。

学校行事ではしょっちゅう俳句を作っていたけれど、これは愛媛だけ(だから)みたい。

一応歳時記も購入したことだし(メルカリで)、旅好きだし、士業の私に足りないもの(情緒かな?)を補えそう。美しい日本語を使えるようにもなりたいし。

6月から、やっと新年度が始まる。

しっかり補償をしてもらい、今は静かにこの局面を乗り切ろう。

ゆっくり考える時間を貰ったし、少しだけ新しいことも始めてみよう。

レジリエンス(復元力)=折れない心

やっぱり旅に出ることだと思う。

夏休みレジリエンスは旅の空  かほり

法定相続情報証明制度

平成29年5月29日から、全国の登記所(法務局)において、各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まりました。

金融機関への相続手続は、誰しもが行われることでしょう。

・被相続人の「出生から死亡までの連続した戸除籍謄本」

各1通ずつ必要で、そのたびに見せたりコピーを渡したり、大変煩雑でした。被相続人が本籍地を移動していると、何通にも及ぶ場合があります。旧本籍地の戸除籍謄本は、旧本籍地のある市町村役場でないと交付されないため、郵送で取り寄せることもあります。

それらを、一括して法務局に届け出ることで「法定相続情報一覧図」の写しが無料で交付されて、金融機関への手続きにも利用できるのです。

代理人として依頼できる人は弁護士からはじまる、八士業の人たち。わが行政書士、海事代理士も入っています。

亡くなった後でないと申請できないものです。お任せいただければ、相続人様が本格的に相続手続を始められるまでに、ご用意いたします。

一番のメリットは、金融機関での相続情報の確認が大幅に省略され、支払いのスピードが早くなることです。

また、謄本類に記載されている事項など、個人情報保護の面からも有効です。

というわけで、いつでもご相談承ります。